アカネのスピリチュアルダイアリー

神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

お金に愛される人になる方法|スピリチュアルな引き寄せの法則とは

お金や富に対して、私達の心の中には相反する思いがあります。

例えば「もっともっとお金が欲しい」と思うことは「今、私はお金が足りない」と言っているのと同じことです。

 

 

引き寄せと潜在意識

私達は、日々の暮らしの中でいつも支払いをしています。

お金を払う時、どんな感情がありますか?

つい「お金のかかることばっかり・・・」とため息をつきたくなることもあります。

つまり税金、光熱費、食費、健康保険・・・お金がいくらあっても足りない!という気持ちが、胸の内にずっとあるわけですよね。

この「足りない!」という思いは、お金を引き寄せてはくれません。

反対に「お金が足りない事態」を引き寄せてしまうのです。

潜在意識は何でも強く思ったことを引き寄せるものなので、本当の希望とは正反対のことが実現してしまいます。

 


お金を引き寄せる方法

前述の通り、お金が欲しい時に「お金が欲しい、もっと欲しい」なんて思っては逆効果です。

「お金が欲しい」と思っている時の私達は、不足に意識がいっています。

「私は必要なお金をすでに持っている。神様ありがとうございます」

と心の中で念じて、本当にそのお金を持っていると思うことが引き寄せの方法です。

 


イメージの仕方

例えば、自分が経験したことのない贅沢は、うまくイメージできません。

イメージと妄想は違うので、実感できる事の方が実現します。

 

例えば、今の年収が300万の人は、毎月5万円のおまけがあることをイメージしてみてください。

「自分が毎月5万円の臨時収入を自由に使う事」をイメージするのです。

 

実際に5万円のお小遣いがお財布に入っている、と考えてみてください。

生活はどんな風に変わりますか?

 

例えば今まで買っていたランチより、少し高いものが買えますよね。

コンビニでアイスを買う時、何を選びますか?いくつ買う?

欲しいと思っていたお洋服が10万円だったら?

来月も5万円入ってくるわけですから、買えちゃいますよね。


これは、身の丈にあった金額を望みましょう、なんて言ってるわけではありません。
実感が伴うイメージができないと、お金を引き寄せることはできないからです。

その結果「やっぱり潜在意識とか引き寄せなんてウソ」とあきらめてしまうことになります。

 

今の年収が1000万の人は、1300万に上がったことをイメージしてください。

次はどんな車を買いますか?

どんな家具や電化製品を買い足しますか?

どこで食事をする?

毎日、その生活を想像してみてください。

そしてその時感じた満足感や喜び、感謝を頭の中で繰り返すのです。

これが潜在意識を動かして、お金を引き寄せてくれます。

 


うまくイメージできない時の対処法

お金が手に入ったことをイメージしても、その後で「お金が足りない」なんて思ったら、せっかくのイメージングが台無しです。

そんな時は、支払ったお金を「もらったお金」と思ってみてください。

例えばコンビニで1000円払ったとします。

その時「1000円もらっちゃった♪いつもありがとう♪」

と思うのです。

また、お金が出て行った・・・ではなく「どんどんお金が入ってくる。嬉しい」

と思うと引き寄せの法則が作動しやすくなります。

 


遠い目標も決める

先ず、5万円の引き寄せが叶ったら、次はもっと上を目指したくなりますよね。

5万円が達成できたのなら次は、あと10万あればどんな生活ができるか、ちゃんとイメージできます。

 

いきなり経験したことのない金額を望んでも、心のどこかで「無理」と思ってしまいます。

それに、今の年収が10倍に増えた時の生活は、実感を伴うイメージができません。

「豊かさ」だけを考えて、手段についてアレコレ考えないようにした方がうまくいきます。

「どのようにしてお金を手に入れるのか」を考えるのではなく「既にお金を受け取った」と感じるだけでいいのです。

結構難しいのですが、毎日続けるとうまくイメージできるようになります。

 

 

気を付けること

この潜在意識の引き寄せにとって一番邪魔になるのは、嫉妬心です。

嫉妬心は自分より上にいて恵まれている人、運のいい人に向けられる感情です。

つまり「私はあの人より下だ」「私はあの人より恵まれていない、運が悪い」という

負け犬根性を潜在意識に送っていることになるのです。

その結果あなたの内なる声を、潜在意識は聞き届けてしまいます。

誰かに嫉妬しそうになったら、別のことに意識を向けてください。

 

 

shinreikobe.hatenablog.com

shinreikobe.hatenablog.com

shinreikobe.hatenablog.com