アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

運のいい人達がやっていること~強運を引き寄せる生活習慣と交友関係


生まれつき運のいい人、強運の持ち主はいるものです。

でも生まれつきの運も、それをいいことに油断していると、さびついてしまいます。

ずっと強運でいるために、運のいい人達が心かけている習慣をご紹介します。

 

 

運のいい人の交友関係

運のいい人は、自分と同じように運のいい人達と付き合いたがります。

運の悪い人とはできる限り距離を置いています。

その理由は、言葉使いや考え方にあります。

運のいい人は、そもそも否定的な考え方を嫌がります。

「でも~」「絶対無理」「~できるわけないだろう」

こんな言葉使いをする人と一緒にいたら、自分の運気まで落ちてしまうと知っているのです。


運のいい人達は「これは無理かな・・・」と思っても、わざわざ言葉には出しません。

「成功しそうな時期がくるまで手を出さないでおこう」と思うだけで、すぐに他のことを考えます。

運のいい人はお互いに、楽しい話、景気のいい話、面白い話、希望のある話しかしないものです。

だから、運のいい人達はいつも機嫌よく、笑っているし感じ良くふるまうのです。

強運の持ち主が、仏頂面でいつも機嫌が悪いなんて、聞いたことがありません。

 

運のいい人が、運の悪い人と一緒に過ごさないのは理由があります。

 


運のいい人と悪い人が一緒にいた場合

運のいい人と一緒にいても、運の悪い人は悪いままです。

なぜかというと、「運が悪い理由」を解決しないまま、強運の持ち主と一緒にいても

運のおこぼれをもらうことはないからです。

反対に、運のいい人が悪い人と一緒にいると、影響を受けてしまいます。

「貧乏神はうつる」といいますが本当です。

成功している人、運のいい人達は、ついていない人の影響を受けるのはイヤなので、ほどほどにしか付き合わないのです。

これはスピリチュアル的にも正しいのですが、脳の構造から考えても正しいことです。


私達の脳には、ミラーニューロンというものがあります。

これは、人と共感したり協調、理解を得るためのものです。

社会生活を送る上で、共感や協調性は大事なことです。

これは、人の話を聞いて共感する・・・つまり同じ感情を共有するということです。

運の悪い人の話を聞いて、共感や理解、協調をしてしまったら、自分まで「運の悪い人の考え方」がうつってしまいます。

 

【ミラーニューロンがあなたを救う!- 人に支配されない脳をつくる4つの実践テクニック -】

 

運気を上げる方法

運のいい人達の中に入るためには、否定的な言葉を口に出さない事から始めましょう。

考えるのも辞めるべきですが、一番いいのは「絶対大丈夫、うまくいく」と口に出して言ってみることです。

もちろん、1人でいる時に限ります。

人前で口に出すと「あの人よっぽど不安なんだな。可哀そうに」「情緒不安定なのかな」と心配されてしまって逆効果です。

そして自分が「ついてなかった」時のことを忘れてください。


毎朝、新しい人生の始まりだと思って、清々しい気持ちで起きることが運を呼び込む基本です。

新年を迎える時、前の年のイヤなことやうまくいかなかった事は、全て忘れて新しく年を始めようとしますよね。


毎朝、新年を迎えた時の同じ気持ちで始めるのです。

悪い方向に転がった運を、また新しく良い方向に回していくには、「新しく始める」という運気のリセットが大事です。

 

 

shinreikobe.hatenablog.com

shinreikobe.hate

shinreikobe.hatenablog.com

 

 

 

nablog.com