アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

美人じゃないのにモテる女性の秘密の戦略~男性達をひきつける魅力はコレ!今すぐマネして♪

美人でも可愛くもない、平凡な容姿なのになぜかモテる女性っていますよね。

性格や頭が抜群にいいわけでもないし、有能ってほどでもない普通の女性。

普通なのにモテる女性達の特徴を研究し、モテるためのイメージ戦略をまとめました。

今すぐマネして!!

 

 

美人じゃないのにモテる理由

美人がモテるのは当たり前。

でも自分と変わらない、いやちょっと落ちるレベルの普通の女性が、分不相応なモテ方をしている時ほど、同性をイラつかせることはありません。

「え?どこがいいの?あれなら〇〇ちゃんの方がずっと可愛くない?」などと私達女性が不思議に思うことはよくあります。

特別美人でも可愛くもないのにモテる女性達の特徴をご紹介します。

  • 人に明るい印象を与える(印象だけでいい)
  • 肌がきれい
  • 聞き上手(相槌の打ち方)
  • モテたいという強い気持ち(もともと男性が好き)

 

モテる女性の作り方

男性に「どんなタイプの女性が好きですか?」と聞くと、たいていの男性は

「明るい人がいいです」と答えますよね。

私は長年、占い鑑定と護符の制作をしているのですが、相談に来る男性達の話を聞いてわかったことがあります。

男性のいう「明るい人」というのは「明るい感じがする人」という意味です。

本当に太陽のような、底抜けに明るい性格をイメージして言っているわけではありません。

だから、頑張って盛り上げ役になって会話をリードしたり、職場や学校のムードメーカーになる必要はないのです。

口下手でも恥ずかしがり屋さんでも大丈夫。

明るい感じがしただけで、男性は「明るい人だ」と思ってくれます。

だから、「明るい人」と認識してもらうためのイメージ戦略を考えればいいのです。

 

明るい女性のイメージ戦略

明るいイメージ戦略のために必要なことがコチラです。

  • 明るい色の服
  • 明るいメイク
  • 明るい声と表情
  • 明るい話題
明るい色の服

いつも黒や紺、グレー、茶色などを好んで着ているなら、いますぐイメチェンしてください。

明るい色の服・・・赤やピンク、オレンジ、エメラルドグリーン、パステルカラーなどを着てください。

人の第一印象は3秒で決まると言われています。

最初に目から入ってきた情報だけで、人のイメージは出来上がってしまうということです。

明るい色の服を着ていると、当然明るい印象を与えます。

男性達はそういう女性と一緒にいたいのです。

明るい(感じの)女性が嫌いな男性は、先ずいません。

万人受けするハズレのないタイプです。

もしワードローブが全て暗い色で占められているなら、トップスだけでも明るい色のものを着てください。

明るい色のスカーフやストール、せめてペンダントやイヤリングで顔周りを明るくする工夫をしてみてください。

顔の周りが華やかになるだけで、人に与える印象は変わるものです。

「鉄の女」と呼ばれた英国のサッチャー首相は、常に大き目のパールのイヤリングをしていました。

ある国際会議で「同時通訳のヘッドフォンを着けにくいので外してほしい」と頼まれた時も拒否しました。

「イヤリングを外すと私の顔は暗くなって老けてしまうから」という理由です。

 

たま~に「僕は黒が似合う洗練された感じのキレイ系の女性が好きです」なんていう男性もいますが、これは少数派。

このタイプは「黒が似合うゴージャスな美人が好きです。アクセサリーもセンスのいいものつけててほしいし」と結構レベルの高い要求をしています。

でも正直、黒が似合うゴージャスな美人と付き合える男性は限られています。

 

明るいメイク

「明るい感じの人」になるには服の色だけでなく、メイクも大事です。

YouTubeでも多くのメイクアップアーティストが、ナチュラルメイクの方法をアップしています。

コレを見て研究してみてください。

男性が好きなのは、モード系のオシャレメイクよりナチュラルメイクです。

必ずピンク系のチークをしてください。

たまにチークを省略する女性がいますが、もったいないことです。

マスク生活でチークやグロスが必要ない日が長く続きましたが、明るいイメージ戦略にはどちらも必要です。

リップは明るいピンクを薄く塗った後、グロスを唇の中央にのせてツヤを出してください。

ツヤ感のあるリップは顔を明るく見せてくれます。

秘訣は、同系色のリップライナーであらかじめ唇の輪郭を描いておくことです。

濃いめのリップには必要ありませんが、薄いピンク系のリップには効果を発揮してくれます。

もし、メイクの仕方がわからないのであれば、YouTubeで研究するか、デパートの化粧品売り場で助けを求めてください。

「明るく見えるナチュラルメイクにしたい」と言えば、その場でメイクをしてくれますのでやり方を覚えて帰ってくださいね♪

いくつかアイシャドーやチークも紹介してくれます。(勧められたものを全て買う必要はありません)

たまにデパートの化粧品売り場に行くと、無理に高いものを勧められそうで怖い、という話を聞くことがあります。

その場合、お友達(できれば化粧品売り場に行き慣れている人)と一緒に行ってください。

彼女が自分の化粧品を買う時、一緒に行くとか。

明るい声と表情

明るい声といっても、甲高い声や大声、早口は嫌われます。

穏やかな優しい声、という意味です。

私の知人男性は、仕事先で電話の応対をしてくれる女性の声と話し方を、いつもほめていました。

「〇〇さんの声を聞くだけで、ほっとする。とっても感じのいい人なんだ。どんな人なのか一度会ってみたい」

忙しくても常に穏やかな優しい声で、応対できる人はモテるだけでなく、仕事上でも評価されるものです。

表情

声と同じく大切なのは話す時の表情です。

  • 口角が下がらないように注意する
  • 人と話す時はまっすぐに相手を見る

忙しくて気持ちに余裕がない時など、口角が下がってしまうことがあります。

自分では意識していないので気づきませんが、周囲には不機嫌で暗い印象を与えます。

視線も気を付けてください。

「目は口ほどに物を言う」といいます。

上目使いや目玉だけを動かして相手を見るのは、絶対にやめましょう。

これは無意識にやっているので、自分で常に気をつけてください。

人と話す時は必ず、相手を正面から見るように心がけてください。

 

明るい話題

いつもポジティブな言葉を選ぶようにしてください。

口に出す言葉だけでかまいません。

男性は「明るい人が好き」なので、その場の雰囲気が明るくなるような言葉を選んで話してください。

愚痴や文句、噂話、陰口は一切口に出してはいけません。

一度「悪口を言う人」と思われたら、払拭するまで時間がかかってしまいます。

「人を悪く言う女性が好き」という男性は先ずいません。

「きっと自分も陰で悪口言われてるかもしれないな」と思われて、モテる路線から大きくハズレます。

誰かが悪口や噂話を始めたら、さりげなくその場を離れるか、黙っていることです。

相槌を求められたら「よくわからないので・・・」とだけ。

言葉の選び方

例えば「疲れた・・・」「失敗しそう」「うまくいかなかったらどうするの?」「絶対無理だって・・・」など。

こんな言葉を人前で使ってはいけません。

それと「でも」「だって」は、できるだけ使わないようにしてください。

私の占い鑑定の相談者で、色白でキレイな女性がいたのですが、彼女は毎回恋愛がうまくいきませんでした。

これほど可愛い子がフラれるって一体何をしたのだろう・・・と最初は不思議に思っていたのですが、すぐにわかりました。

彼女は「でもね」が口癖になっていて、何か話す前に必ず「でもね、」をつけるのです。

「でもね、でもね、私思うんだけど・・・・」といった感じです。

話す内容も「このままじゃいけないと思う」「うまくいかないと思う」「間違ってると思う」といった調子で、ネガティブなことばかり。

会話の度に「でも」や「だって」が返ってくると、誰だってイラッとするものです。

口癖になっていないか気を付けてください。

「でも」「だって」と言われて喜ぶ男性はいません。

 

口角を上げる

前述の通りモテる女性達は、例外なく口角を上げて話しています。

口角が上がっているだけで、微笑んでいるように見えて優しい印象を与えます。

一時期はやったアヒル口はやめましょう。

ギャグならいいのですが、日常でやるとイタイ人になってしまいます。

口角を上げるには、割りばしなどを加えて笑う練習がおすすめです。

暇な時、鏡を見ながら口角を上げて話したり、笑ったりしてみてください。

意識して上げていると、表情筋が鍛えられてきます。

 

優れた反射神経と順応性

美人じゃないのになぜかモテる女性・・・彼女達は場の空気を読むことに長けています。

その場の空気と相手に合わせるのが、天才的に上手いのです。

その場でその人物が一番言って欲しいであろうことを、反射神経で返すことができます。

それは褒め言葉だったり、フォローだったり。

それが誰よりも早いのです。

例えば彼女達は会話の中で

  • 何がすばらしいか
  • 相手の話のどこに感銘を受けたか
  • どの点に共感したか

短い言葉で相手に伝えることができるのです。

彼女達は、その場に溶け込む順応性もあります。

自分が今、この場で何を求められているか。自分の役割は何か、ちゃんと理解しているのです。

例えば、食事会や飲み会の席で。

皆の料理を取り分けてあげた方がいい場合は、誰よりも早く小皿を手にとって渡してあげますが、他の女性が頑張って取り分けている時は出しゃばりません。

他の女性の邪魔はせず、その場で所在なさそうにしている人に話しかけたりしています。

ここで「あとは私がやるわ」とか「ここは私が」なんて言って前に出ると、気が利く女性だと思われたくて必死だと、バレてしまうからです。

 

ちょっとしたお色気

私達女性には、なかなか理解できない分野ですが、なぜかモテる女性にはちょっとしたお色気があります。

胸を強調した服やミニスカートではありません。

ちょっとしたスキがある、ということです。

スキを作るというのは、加減がとっても難しいものです。

スキだらけだと反対にだらしなく見えてしまい、変な男性しかよってこなくなります。

スキというのは、話しかけやすい雰囲気を作ることでもあります。

スキを作るには、ギャップが効果的です。

例えば、いつも有能でクールな女性が意外とおっちょこちょいだったり。

普段は真剣な顔で仕事をしているのに、たまに見せる笑顔が可愛かったり。

体育会の出身で常にパンツスーツ、ショートカットなど、異性を意識されにくいタイプの女性は、小さなイヤリングとペンダントから始めると効果的です。

 

聞き上手になる

銀座のクラブで人気No1のホステスさんは、意外にも一番の美人ってわけではないそうです。

容姿は普通であっても聞き上手な人が人気を集めると、雑誌で読んだことがあります。

聞き上手になるための方法です。

 

共感をしめす

人と話している時「それは違うと思う」と思うこと、たまにありますよね。

聞き上手さん達は、絶対にそれを口に出しません。

「私は賛成しないけど」とか「そんな事とっくに知ってるわ」と思っても、いちいち相手にそれを知らせる必要はないのです。

話し手が言って欲しいのは共感の言葉です。

「詳しいんですね」「それからどうなったの?」「わかるわ。私もそういうことある」

など。

共感を示す言葉で相槌を打ってみてください。

私達凡人は、無意識に会話の中で「うん、うん」「ふーん・・・そう・・・」「うーん、まぁそうかなー」など、気の無い相槌をよくうっているものです。

目当ての男性がいない時など、つい気を抜いてしまうのはわかります。

でもそんな時こそ、相槌の練習してみる良い機会です。

 

自分のことは話さない

得意分野や好きな話題になると、つい張り切って話してしまうものですよね。

でもモテる女性達は、相手に話させるのが上手で、自分のことはあまり話しません。

その代わり質問がうまいのです。

話し手も内心、自分の話が人を退屈させていないかどうか気にしているものです。

そんな時、うまく質問してくれると続きを話しやすいですよね。

 

情報収集

広く浅くでいいので色んなことに興味をもっておくと、どんな話題にもついていける聞き上手になれます。

誰かが「〇〇って知ってる?」とか「〇〇の本、もう読んだ?」と言ってきた時

「知らない」「わからない」「聞いたことない」だと話は続きませんよね。

色んなことに興味をもって幅広い知識があると、どんな話題にもついていけるようになります。

話題や知識が豊富な女性は、一緒にいる人達を飽きさせません。

退屈な美人より、平凡でも楽しく話がはずむ女性の方がモテるってことです。

  • ベストセラーは必ず読むようにする
  • 毎日日経新聞を隅から隅まで読む
  • スマホのdマガジンなどで、色んな分野の雑誌を幅広く読んでみる

聞き上手になるには、興味の幅を広く浅く広げることです。

興味のない話題をふられても、一応どんなものか上辺だけでも知っていると、会話をつなげやすくなります。

 

清潔感について

清潔感のある服装はモテるための第一歩です。

これは誰しも思うことです。

汚れた靴や、シワのついたシャツなどはもっての他です。

肌について

実は肌が一番大事です。

美人でも可愛くもないのにモテる女性は、ほぼ例外なく肌がきれいです。

肌がキレイだと、それだけで清潔な感じがします。

顔の造作は生まれつきのものですが、肌は自分のお手入れでなんとかなるものです。

肌がきれいだというだけで、健康的で明るい印象を与えます。

一重瞼でも鼻が低くても、色白は七難隠すという諺通り、男性は肌がキレイな女性によっていきます。

もし肌トラブルで悩んでいるのであれば、エステではなく皮膚科に行ってください。

エステでは高い料金で契約させられるだけで、根本の肌トラブルは治りません。

皮膚科では、トラブルや炎症に合った塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

ビタミンCのサプリだけで、吹き出物が激減した人もいます。

またニキビ跡なども相談すれば、色んな方法を教えてくれるし、必要なら紹介状も書いてくれます。

ケミカルピーリングは、美肌だけでなくアンチエイジングにも効果的です。

髪について

モテる女性は髪にツヤがあります。

髪のツヤは肌と同様、自分のお手入れでなんとかなるものです。

つや出し用のヘアスプレーもありますが、椿油もおすすめです。

塗れた状態の髪に塗ってから、ドライヤーで乾かすとツヤがでます。

もし、髪が傷んでいたりパサつきが気になるようなら、美容師さんに相談してください。

ヘアエステやトリートメント、おすすめのシャンプーやお手入れ方法を教えてくれます。

 

態度について

彼女達の特徴は、裏表がないことです。

誰に対しても同じ態度をとっています。

人によって態度を変える人は、たいていどこかで見られているものです。

 

また、いつも穏やかで感情が安定している、という特徴もあります。

情緒が安定している女性は、周囲に安心感を与えます。

いつも優しくて穏やかな表情を崩さないので、話しかけやすいのです。

負の感情を表の出さないように、心がけてください。

 

モテたいという強い気持ち

たいていの女性は、それほど自分に自信があるわけではありません。

「モテたい!」とは思っていても、わざわざ戦略を立てたりはしないものです。

せいぜいオシャレに磨きをかけたり、自分磨きと称して習い事を始める程度。

 

でも、自分よりキレイで可愛い女性が何人もいる中、普通の女性がモテるためにはイメージ戦略が必要です。

平凡な女性達は、そこまで自分を客観視して

「どうすればモテるか」

「どうすれば男性の心をつかめるか」

といった研究はしていません。

モテる女性は、「明るくて優しそう」な女性が一番モテることを知っています。

モテるためのイメージ戦略をたて、日頃からそのイメージ通りにふるまっています。

 

美人の逆悲劇

美人の中にも聞き上手で穏やかで明るい人は大勢います。

でもなぜか恋愛において、美人がいつも圧倒的に有利というわけにはいかないようです。

 

周囲の反応

美人が「彼氏いないんですよ」と言った時の周りの反応を思いだしてみてください。

「えー!嘘だろ。〇〇ちゃんみたいな可愛い子に彼氏いないわけないよー」

くらいならいいのですが

「どうせ金持ちのイケメンしか相手にしないんだろ」

「ホントはいるくせに」

「高望みするからだよ」

といった周囲の男性達の、心の声が聞こえてきそうです。

 

反対に普通の女性が「彼氏いないんです」と言った時、周囲の男性は違う反応を見せます。

「じゃあ今度お茶でも誘ってみようかな」

「あの子なら誘っても、邪見にされることはなさそう」

「もしかしたら僕でもいけるかもしれない」と思っているのです。

 

美人は最初から「どうせ彼氏いそうだし」とか「俺が相手にされるわけないから」といった理由で敬遠されがちです。

私の知人の美人さんは、毎回「なぜ?」と思うような男性と付き合っていました。

普通の常識ある男性は「自分ごときが、あのレベルの美人をくどくなんておこがましい。」と思ってよってこなかったのです。

勘違いした常識のない男性しか寄ってこなかったため、彼女はいつも自分に不釣り合いな男性と付き合っていました。

彼女の友達はいつも「もっと美人の自覚を持て!」と励ましていましたが、恋愛運とルックスの良し悪し、頭の中身は比例しないものです。

サービス精神

私が以前、霊視の師匠と一緒にガラス張りの喫茶店でお茶をしていた時のことです。

窓の外にごっつい外車が止まって、中からいかにも資産家らしい男性が、何とも言えない冴えない女性と腕を組んで出てきたのです。

「あれって何なんでしょうねぇ」と私は思わず言ってしまいました。

あの車と男性の外見から見るに、もっと若くてキレイな女性を連れていてもいいはずなのに。

私の師匠は一目見て「あの女性は男性の心を掴むのが上手いのです。男性をおだてて褒めていい気分にさせるから、男性は彼女から離れない」と言いました。

 

一般に美人はこれができません。

本人の資質の問題だけではなく、言われた男性の方も「え?」と思ってしまうからです。

美人が男性を褒めたりおだてたりした場合、相手の男性はたいてい不審に思います。

「もしかして金目当てか?」

「絶対嘘だろ。思ってもないこと言ってるだろ」

「からかわれてるのかもしれない」

でも普通の女性が同じことを言ったら「なんて優しくていい子なんだろう」になるのです。

結婚詐欺師に美人はいないといいます。

相手の男性が「こんなキレイな人が自分を好きになってくれるなんて信じられない」と思っているため、ひっかからないのです。

 

そもそも美人にはサービス精神があまりありません。

人を楽しませたり、おだてたりする必要がないため、気が利かないという一面もあります。

普通の容姿の女性達はルックスだけで勝負すると不利なので、男性の心を掴むための話術を磨いているのです。

 

モテるために明日からできること

  • 明るい色の服を買う
  • 顔周りを華やかにするため、ペンダントやイヤリングをつける
  • ピンクのチークとリップグロスを使う(リップライナーも)
  • ポジティブな言葉使い
  • 人の悪口、噂を止める
  • 口角を上げる練習(笑顔の練習)
  • 肌と髪の手入れ(必要なら皮膚科に行く)
  • 新聞、雑誌などから幅広い知識を得る
  • 本を読んでボキャブラリーを増やし、読解力を身に着ける