アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

小室眞子さんが害するものとは?~シークレットサービスの警護と引き換えに差し出したもの~この先も続く税金生活

美智子様から小室眞子さんへの生前贈与が今後は毎年行われる、という話が出ています。

美智子様上皇様、秋篠宮家からの仕送りがあれば、物価の高いNYでも暮らしていけるはずだ、と言いたいようです。

 

眞子さんが害する日本の国益

先ず、眞子さんを擁護したい記事では

  • 眞子さんは結婚時に一時金1億5000万を辞退なさっているのだから、多少の便宜をはかって差し上げるのは当然のことだ
  • いくら結婚して一般人になったからといっても、眞子さんが元皇族であることに変わりはない。日本の元皇族として恥ずかしくない暮らしをしていただかなければ恥ずかしいではないか。
  • 小室氏が弁当士として働いて得たお給料と、眞子さんの貯金を切り崩して生活し、さらに祖父母からの生前贈与があるので税金など使ってはいない。

言いたいことはザッとこんな感じです。

でも問題になっているのは、年間8億円警備費と外務省の職員を自分の部下として扱う秋篠宮家のやり方です。

(小室の母ちゃんが不正受給で刑事告発されている件も、もちろん前代未聞の事件ですが。)

小室眞子さんのNYでのやりたい放題を許すために、日本の国益までもが害されています。

いくら同盟国とはいえ、国と国との関係はシビアなものです。

相手の弱みがわかれば、そこを突くのは当然のことです。

日本の外務省にとってあの馬〇夫婦の存在は、とんでもない弱みなのです。

 

眞子さんの警備

終わりの見えない年間8億円の警備費用は、週刊新潮でも報道されました。

ヤフーニュースのコメント欄でも、秋篠宮家の話題には必ず8億円警備費についての言及があります。

この8億円は本来、海外の在留邦人保護のための予算でした。

それを小室夫妻の警備費として使っていることがバレてしまい、今後は国会でも追及されそうです。

そこでアメリカのシークレットサービスに、あの夫婦の警備を依頼したのではないか、という疑惑がもたれています。

もしくは、あちらから警備を申し出てくれたのかもしれません。

アメリカからすれば日本政府の弱みを握り、貸しを作る絶好の機会です。

この貸しは今後、何倍にもなって請求され続ける日本の負債となります。

 

小室夫妻の警備にかかる費用

ジャーナリストの篠原氏によると、シークレットサービスの要人警備は20人態勢で行うものなのだそうです。

映画でもよく見ますよね。

20人態勢の警備・・・

「今はお金とらないけど、後でお礼はたっぷりしてもらうよ♪」

ってことですね。

日本の外務省からお願いしなくても、あちらから「警備してあげよっか?」って言ってくれそう。

相手国のこんな大きな弱みを握れる機会なんて、そうないものね。

こんなエリート達が

この人達の警備か・・・

皇宮警察の警備よりずっと上なのでは?

 

小室の警備に関しては、婚約内定当時の警備をさせられた神奈川県警のSPの間でも「なんでこんなヤツの警備を・・・」って言われてましたよね。

小室の母ちゃん、不正受給の刑事告発はどうなったのでしょうね。

 

疑惑がもたれた理由

日本の自衛隊がヘルメットや防弾チョッキ、制服までU国支援のために送ったことはニュースでも報道されています。

でも、なぜか自衛隊の装備は米軍が半ば奪い取るように、横田基地からU国に運んだそうです。

U国はアメリカにだけ感謝のメッセージを出したため、米軍機が運んだことを知らない日本人は「失礼じゃない?」と思っていました。

米軍機が運んできたから、U国は米軍にだけ感謝したのです。

日本が自衛隊の装備を送った事を、U国側は当初知りませんでした。

なぜ、そんな事が許されたのでしょう。

眞子さんと関連づける前から、自衛隊の制服がU国に送られたことについては、問題視する声もありました。

自国の軍の制服を他国に譲り渡すなんて、通常ありえない事です。

U国では今、日本の自衛隊の軍服を着た兵士が戦闘中なのです。

防弾チョッキとヘルメット、食料支援などはともかく、制服まで。

何かウラで取引がないと、米軍がいきなり自衛隊から装備を奪い取って、自分達が運ぶ事などありえません。

自衛隊が日本の国旗を掲げた自衛隊機で、運ぶべきものだったはずです。

一体、日本にはどんな弱みがあったというのでしょう。

どんな取引の末、自衛隊の装備が米軍によって運ばれたのでしょう。

 

眞子さんのビザ問題

小室のビザは7月までには切れると言われていました。

彼は新しいビザの発給のために一時帰国しなければならない、と言われています。

眞子さんは絶対に帰国しないと言い張っているため、外務省は米国に特別措置をお願したという疑惑も出ています。

なんといっても秋篠宮様直々に頼まれたので、NY総領事も頑張ってくれたのでしょう。

もしかしたら、アメリカ側から助け舟が出されたのかも?

「困ってるみたいだね。助けてあげよっか?」

ここでも便宜を図ってもらったのなら、またまた弱みが増えましたね。

 

噂ですが

今、U国兵10000人を米国で訓練する、という計画があるそうです。

10000人の訓練には、かなりの予算が必要ですよね。

日本が出すってことになりそうなのだとか。

この二人が招いたのは皇統の危機だけではありません。
とってもとっても賢そうで品のいい二人をNYで好き勝手にさせるために、どれほどの国益が害されたのでしょう。

「元皇族が海外に住む」という事は、それなりの警備が必要であるため、ただでさえ費用がかかります。

法律事務所の弁当係とメトロポリタン美術館のボランティア。

この二人のために、どれほどの税金が使われたのでしょう。

 

悲しい話

悲しいことですが、生まれつきの頭の良し悪しは、決して変わりません。

根本的に地頭の悪い人が、頑張って努力をしても「頭の悪さ」が治ることはないのです。

この事を秋篠宮様はご存じないのかもしれません。

外務省の方達はとっくに気づいていると思いますが。

 

バイデン大統領の一言

現在、アメリカのお情けに縋って、小室夫妻のビザの更新とシークレットサービスの警護を頼んでいるとされる外務省。

当然その事はバイデン大統領の耳にも入っています。

・・・っていうより、世界中の王室関係者から嗤われてるはずですけど。

バイデン大統領は小室のことを

「それにしてもアイツは馬〇だ。あれはダメだな」と言ったとか。