アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

佐渡金山の世界遺産が文科省の不備で見送り~本当にミス?あり得ない程の無能

佐渡金山の世界遺産登録が、文科省のミスで来年に見送られることになりました。

書類に命をかけてるはずのお役所が、本当にお粗末なミスでオウンゴールを決めてくれたようです。

 

佐渡金山について

佐渡金山について、いつも通り「強制動員」と言ってきた国がありました。

お給料が良かったので、求人には募集の何倍も人がきた程だったのに。

そして、いつも通り、そのイチャモンに対して、毅然とした態度を取れずに「来年に先送りしましょうよ~」と言ったのが文科省です。

 

なぜ来年?

なぜ、来年に先送りしようとしたのか?

世界遺産の登録は、こんな手順で決まります。

  1. 各国が推薦書を提出
  2. ユネスコが専門調査を依頼・現地調査を行う
  3. 世界遺産委員会で審議・決議→決定

来年になると、世界遺産委員会にK国が入るので、大反対するのが目に見えています。

そこで、何としても今年中に推薦書を提出して、世界遺産委員会で審議してもらう必要があったのです。

 

なぜ頭のいいはずの文科省の人達が、わざわざK国が委員会入りする来年に、推薦書を出そうとしたのかしら?

岸田総理といえば、軍艦島の世界遺産登録の時、ありもしない「強制」を認めてしまう大失態を演じたお方でしたね。

 

ありえないミス

わざわざ、大反対されるのがわかっている来年まで、延期する必要なんてないだろってことで、今年中に推薦書を送ることになりました。

流石に岸田総理も「今年中に推薦書を送るように」と、文科省の人達に言ったそうです。

その結果、なんとか推薦書を提出したのですが、しょーもないミスが発覚してしまいました。

「水路が途中で切れていた」ものを、そのまま提出してしまったのだとか。

こんなもの、普通に説明書をつければ済む話なのに。

「自然災害で切れました」って。

忘れてたとしても「慌ててたので、この書類はさむの忘れてました~」って言えば、何とかなったのに。

もしかしたら、相手側に強いシンパシーを感じるタイプの人がいて、わざとミスったのではないか?と思う人もいるかもしれません。

実は私も、ちょっと疑ってました。

私のOL時代にありがちなミスだったので。

まさか頭のいい官僚が、私ごときと同じミスなんてするわけないですよね。

しかも課内で注意されるだけの私と違って、世界遺産登録のための推薦書です。

注目浴びてるし、佐渡の人達の熱い期待も背負ってるし、国の威信もかかってるし。

 

高橋洋一氏の御意見

高橋洋一氏はYouTubeで、今回のあり得ないミスは、作為的なものではなく本当にミスだったのだろう、と言っています。

その理由に文科省の人達は「事務処理能力がない」のだとか。

役人に事務処理能力がなかったら、一体何の役に立つのかしら。

高橋洋一氏「文科省は上中下と分けたら下なんだから」なんて、本音全開で話してくれてます。

今回のミス2月28日に指摘されてわかったのに、自民党に説明したのは7月に入ってからだったそうです。

叱られるのがイヤだったのかな。

高橋氏は「岸田総理は官僚に甘いから処分しないかも」っておっしゃってます。

 

youtu.be