アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

国葬に反対する人達の不思議な言動~安部元首相の功績も知らないくせに

国葬に反対している人達って、まるで自分達の意見が民意であるかのように思っているんですね。

「国民がこれ程反対しているのに」

「国民の大半が反対している」

「民主主義の原則から外れている」

でも、「国民の大半」ではありません。

反対してるのは、ノイジーマイノリティにすぎません。

国葬をやるべきだと思っている人達は「国葬賛成デモ」なんてやらないから。

だって仕事があるんですもの。

 

反対してるのは、立憲・共産・社民・新社会の関係者たち。

選挙でボロ負けした人達よね?

国民の代表を勝手に名乗るな。

 

弔意の押し付けはやめて!って書いてますが、誰もそんなことしてません。

この手の人達ってすぐ「弔意の押しつけ」って言いたがるんだけど、国葬は粛々とやるので、あなた達が弔意を表す必要なんてありません。

そもそも招待されてないのに、わざわざ弔意を表す必要なんてあるの?

安部元首相に弔意を表すのは、彼の功績を理解して本当に悲しんでいる人達だけで十分です。

志半ばで凶弾に倒れた人物を、亡くなった後まで執拗に攻撃して貶める人達って、今までの日本にはいなかった新種?のタイプですね。

普通の日本人って故人には敬意をはらうもの。

ましてや総理大臣として長年、国に尽くしてくれた人物に罵詈雑言・・・それもホントに的外れで感情的なものばかり。

 

よくヤ〇コメなんかで「安倍がこの国をめちゃくちゃにした」なんて、組織的?って疑いたくなるようなコメントが出てるけど、民主党政権によってほぼK&C国の属国になりかけてた日本を救ってくれたのが、安部元首相であることは皆知ってるから。

民主党が政権を取った時、K国のマスコミは「日本は既に8割がた我々の支配下だ」って報道してましたよね。

「せっかく支配が完了しかけてたのに、安倍元首相が台無しにした」

って書きたかったのね。きっと。

 

安倍元首相が統一教会の信者だったかのような、いい加減のな報道にはうんざり。

 

「平成30年法律第54号として「閣法」である【消費者契約法の一部を改正する法律案】が提出され、霊感商法が取り消し得る不当勧誘行為として新設されました。」

 

霊感商法で儲けまくっていた統一教会他、カルト教団に打撃を与えたのが安倍元首相であったことは、なぜか全く報道されません。

 

それと国葬にかかるお金を、もっと他のことの使うべきだって意見もよく聞かれます。

先ず、かかる金額を多めに言ってることと、警備費に関してもおかしな点がいっぱい。

警備の人は各都道府県の県警から応援を頼むのですが、その人達は民間ではないので、もともと税金からお給料を払ってます。

もともと別の場所で勤務していた警察官が、警備に来るだけなので新しい費用は発生しません。

出張手当くらい?

 

そんなことで騒ぐのなら、外国人留学生への手厚いおもてなし予算や、外国人の生活保護にかかる莫大な金額について、もっと騒ぐべきでは?

外国人の生活保護にかかるお金は、年間1200億円です。

これは平成29年の数字です。

 

 

また神戸市議の上畠のりひろ氏が、神戸市が外国人の生活保護にかけたお金は、年間59億円であると発表しています。

 

 

チベット・ウイグル問題と安部元首相

安倍氏が「台湾有事は日本の有事」として、台湾問題に向き合っていたことは有名です。

ペロシ下院議長が台湾入りした日に合わせて、安倍氏も合流して台北で演説する予定であったといいます。

 

安倍氏はウイグル問題にも精力的に取り組んできました。

ジャーナリストの有本香さんの記事によると、安倍氏は福田政権下で来日した胡錦涛氏に向かって、「チベットへの懸念を明言しウイグル問題にもふれた」とあります。

また記事には

「東大に留学中に一時帰国した際、中国当局に逮捕されたウイグル人研究者トフティー・トゥ二ヤズさんのことにも言及した。『彼の家族は日本にいる。無事釈放することを希望する』

かくもきっぱりしたことを、中国の国家主席に面と向かって言える日本の政治家は、後にも先にも安倍晋三しかいない。

結果、トフティーさんは釈放された、ただし日本への帰国と家族との再会は叶わずじまいだった。

これが中国の狡猾さだが、それでもウイグル人は安倍晋三への感謝を忘れていない」

とあります。(月刊HANADA10月号)

 

アベノミクスや安保法制の整備、日米同盟の強化、防衛省への格上げ、韓国への明確なNO、インド太平洋構想など、数えればキリがありません。

虎ノ門ニュースに出演した時

 

安部元首相は愛国者であり、他のどんな政治家より「人権」を大切に守る方でした。