アカネのスピリチュアルダイアリー

神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

長寿の秘訣と知恵~古代天皇の寿命を伸ばす食事から学ぶ栄養学

古事記日本書紀を読んでいて、驚くのは古代の天皇のご長寿ぶりです。

一説では間に何代か天皇がいたけど、公にできない事件があって抹消してしまったのではないか・・・とも言われています。

 

100歳超えの真偽はわかりませんが、高齢の天皇が何人かいたことは事実のようです。

色んな書物によって、古代の天皇が好んで召し上がっていたものがわかっていますので、ご紹介します。

 

 

昔の平均寿命

現代の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳です。

明治時代は、だいたい現代の半分程度だったとされています。

戦国時代もだいたい50代が寿命で、江戸時代は30代という資料もあります。

 

ただ江戸時代の平均寿命は、多くの人が30代で亡くなっていた、という意味ではありません。

新生児、乳幼児の死亡率が高かったため、平均寿命が下がっているのです。

60代で健康な人もかなりいたようです。

 


家康の長寿の秘訣

徳川家康は75歳で亡くなっています。

60代でも十分長寿とされていた時代ですから、75歳はかなり長生きです。

でも家康は若い頃から戦に次ぐ戦。

ストレスや遠征、野営によって体力を消耗していたはずです。

 

では、どうやって健康な体を保ってきたのでしょう。

やはり、その秘訣は食生活にありました。

 

家康は自分専用の薬草園を持っていたほど、自身の健康に気を使っていました。

食事にも気を使っていて深酒を避け、白米よりビタミンB群やミネラルが多く含まれる、麦を食べていました。

また、雉や鶴などの動物性たんぱく質も、適度に摂っていたようです。

 

濃いめの味付けが好きで塩分過多だった織田信長や、お粥が好物で意外と粗食だった秀吉より、意識して栄養価の高い食事を心がけていた家康の方が長生きして、最後に笑うことができたのです。

 

 

縄文人の寿命は?

驚いたことに、縄文人の寿命も江戸時代とたいして変わらない、という資料があります。

縄文人も江戸時代と同じく、新生児、乳幼児の高い死亡率によって、平均寿命が下がっています。

健康な縄文人の約3割が65歳くらいまで、生きていたようです。

 

縄文人の食生活

縄文遺跡の生活跡からは、クルミ、栗、芋類、鴨の骨、サメ、猪、鹿、アザラシ、鯨、貝なども食べていたことがわかっています。

貝や鴨の骨からは、きっと美味しいスープがとれたことでしょう。

栄養価の高いものをバランスよく食べて、意外と文化的な生活をしていたようです。

 

古代天皇の寿命

古代の天皇の中には、驚く程長寿の方が何人もいらっしゃいます。

先ず、神武天皇137歳

公安天皇123歳孝霊天皇106歳、祟神天皇168歳垂仁天皇153歳100歳超えの方は8人もおられます。

他の天皇の寿命は40代から60代が多いようですが、70代から90代も何人か。


168歳は、もしかして何か書物には残せない即位簒奪とか、名前を抹消された天皇がいたのでは?と思ってしまいますが、かなり長寿の天皇が多いのも事実です。

 

 

古代天皇の食事~取り入れたい長寿食

これは私が、神主さんや神道の研究をされている方にお聞きした話です。

古代天皇の長寿の秘訣は、桑茶と鮎雑炊にあったようです。

 

①桑茶

 桑茶には血糖値を抑えて、活性酸素を減らす働きがあります。
 また、ポリフェノール、鉄分やカロテン、カルシウムが豊富です。

 食物繊維も豊富で滋養強壮作用もあります。
 現代においても、美容と健康におすすめのお茶です。


②鮎雑炊

 鮎には抗酸化作用の高いビタミンEが、魚類の中でもトップクラスの含有量です。
 これは、活性酸素を除去する働きがあります。

 貧血を防いでくれるビタミンB12亜鉛などのミネラル。
 ビタミンD、リン、マグネシウム、カルシウムも豊富です。
 これらは、丈夫な骨を作るためのミネラルです。

f:id:shinreikobe:20211110112633j:plain



 

まとめ

鮎の内臓は、ミネラルなどの栄養素が豊富なのですが、苦くて残してしまいがちですよね。

鮎雑炊のようにスープとして煮込めば、骨や内臓のエキスが全て溶け出して無駄がありません。

長寿食としてあげられるのも納得です。

 

桑茶と同様、現代でも夏バテ防止や、疲労回復に鮎雑炊はおすすめです。

 

桑茶は大量に飲む必要はなく、コップに1杯で十分なのだそうです。

味は美味しいというほどではないが、不味くもない・・・といった感じです。

別に飲みにくい味ではないので、習慣にしやすいと思います。