アカネのスピリチュアルダイアリー

アカネと申します。関西と中心に占い鑑定や護符の制作をしています。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。皇室・前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

神棚を祀る時に気をつけること~知らずにやると凶相になる位置と場所

神棚をお祀りする時の決まりをご存じですか?

知らずにタブーを犯しているかもしれません。

神仏の世界では、知らずにやった事でも凶相になってしまいます。

 

 

神棚やお札の場所

神棚はどこでもいいというわけではありません。

神棚が東か南を向くように作ります。

 

f:id:shinreikobe:20220213141702j:plain

凶相になるのはこんな時です。

  • 箪笥や本棚の上
  • ドアの上
  • 2階から踏まれる位置
  • トイレやお風呂場の隣
  • 楽器の上や横
  • 電気製品の近く(エアコンの風が直接かかる場所)
  • 低い場所

 

注意点

本棚やタンス、ドアなど音や振動がする場所は避けてください。

時々、神社でいただく説明書に「神棚は箪笥は本棚の上に置いてもよい」

と書いてある所がありますが、よくはありません。

箪笥を開け閉めするたびに、振動が伝わっています。

こんな場所に神棚やお札を置くと、神経性の病気になります。

すぐに移動してください。

 

 

お仏壇との関係

神棚の方が高い位置にあれば、一緒に置いてもかまわない、とする人もいます。

ただ、神様は煙が嫌いです。

お仏壇にはお線香の煙がつきものです。

できれば、違う部屋に置いてください。

他に部屋がない場合は、できるだけ煙の出ないお線香を選ぶようにしてください。

 

その時、御仏壇と神棚が向かい合う置き方は凶相です。

ご先祖様の写真が神棚より高い位置にあるのも、凶になるので神棚を高くするか、ご先祖の写真を低く置くように、位置を変えてください。

 

 

 

 

 

,