アカネのスピリチュアルダイアリー

神霊研究所神戸支部のアカネと申します。神様や守護霊、スピリチュアルや願望成就、幸運を引き寄せる方法など人生を楽に豊かにする方法を発信しています。前世や因縁の解消方法、お祓いの仕方についても書いていきます♪

小室圭さん弁護士になるためにウィスコンシンに?眞子さんのビザとNYの新婚生活はどうなるの?

昨年、司法試験失敗で2月の再試験が期待されるKKさん。

弁護士のお手伝いをしながら試験勉強するのは大変なのだそうで、早くも奇策が練られていると雑誌テーミスに書かれています。

この記事の真偽はともかく、こんな事を元皇族の配偶者が書かれるなんて、今まではあり得ませんでした。

彼等にはスキがありすぎて、どこからでも攻め放題。

今までKK夫妻ほど皇室を離れた後も、税金から援助を受け続けた元皇族はいません。

また配偶者の母親にまでSPがついた、なんて話もありません。

 

 

テーミスの内容

NYで弁護士になるということで多くのコメンテーター達が

「彼の実力なら合格間違いなしです」

「本当に優秀な方なので実力を買われたんですよ」

などとホントに頑張って持ち上げてあげていました。

 

そして司法試験に落ちた今は、2人の静かな生活を守るために報道を控えよう、という動きになっているらしいです。

私もそう思います。

本当に静かに暮らしてほしい・・・

 

でも聞こえてくる話は、どれも情けないというか恥ずかしいものが多いのです。

テーミスという雑誌に書かれていた内容は、

「KKがNYで弁護士になるという希望はほぼないと判明したので、今度はウィスコンシンに行って弁護士資格をとる、という奇策に転じるらしい」というものです。

なぜかというと、ウィスコンシン州では大学で単位を取っただけで弁護士資格が与えられるから。

でも、ウィスコンシン州でしか弁護士業務はできないということです。

NYでは弁護士業務には携われないのです。

 

こんな風に雑誌で報道された後、本当にウィスコンシン州に行くのは流石に恥ずかしすぎます。

間違いであってほしい・・・

でも、相手はあのKKなので油断はできません。

 

KKが大学に入り直すのは、ビザが切れてしまうためとも言われています。

M子さんがメトロポリタン美術館に勤務する、という話も出ていましたが、これだとKKは本物のヒモになってしまうため、避けたいのではないでしょうか。

ただ、NYからウィスコンシン州にお引っ越しとなると、M子さんの複雑性PTSDの発作が起きてしまいそうです。

 

KK夫妻の負債

KKには今もかなりの負債があります。

フォーダム大学に通っていた時の生活費は、以前バイトしていた法律事務所の所長が「帰国したら事務所に戻って働くことを条件」に無利子、無期限で貸してくれています。

また、「国際基督教大学奨学融資制度」で借りた利子付きの貸与型奨学金

小中高の学費も奨学金を利用しています。

こちらは、無期限で無利子なのですが借りたお金であることに、変わりはありません。

週刊誌によるとKK母は「あれは返さなくてもいいのよ」と言ったそうですが。

2人には生活費の捻出だけでなく、返済しなければならない借金もあるのです。

 

 

国民が気にしていること

ワイドショーでは司会者が「我々国民はM子さんとKさん、お二人の幸せが一番の願いですから」なんて言ってはいますが、国民の本音はテレビではなくSNSにあります。

 

私もヤ〇コメが100%真実だとは思ってはいません。

ヤ〇ーにとって気に入らないコメントは、速攻で削除されることも知っています。

それでも、コメント欄を見れば彼等の幸せを願う者、応援する者がほぼいないことはわかります。

国民はM子さんが何を着ようと、どこへ行こうと、あまり興味はありません。

そんな事より、M子さんの「心を大切にする」ために、どれ程の税金が投入されているかを気にしています。

 

言葉は悪いのですが、プータローに毛が生えた程度の2人のために一体どれほどの血税が使われていることでしょう。

外務省の機密費が使われている、という話もありました。

つまり宮内庁がこっそり融通できる金額を超えている、ということなのでしょう。

NYの住まいの家賃だけでなく、M子さんが外出するときは前もって連絡があり、

領事館が雇った警備がついています。

また、M子さんが困らないようにお世話係2名も常駐しているし。

M子さんは「自由を満喫している」かもしれませんが、つきっきりのお世話あっての自由です。

一体何億円が一般人2人のために消えたのでしょうか?

M子さんが辞退した一時金を大きく上回っています。

こんな事を一体いつまで続けるのでしょうか?

KKがNYで弁護士になる望みがない以上、無期限で援助は続くということになります。

 


疑問に思うこと

この2年間で人生が丸っきり変わってしまった国民が大勢いることを、彼等はどう考えているのでしょう。

老舗の旅館や料亭、お土産物屋さん、飲食店、多くのお店や会社がなくなりました。

中には生活苦で、生きていかれなくなった方だって大勢います。

どれほど多くの学生が生活苦から中退したり、進学や留学をあきらめたりしたことでしょう。

彼等は少なくともKKよりは、ずっと優秀だったはずです。

そんな中、結婚会見でM子さんが言い放った

「多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会となることを心から願っております。」

という言葉。

f:id:shinreikobe:20220308052211j:plain

私達国民はいつまで、こんな言葉を平気で言い放てる30過ぎの一般人の心を守ってあげなくてはいけないのでしょうか?

 

昭和天皇が敬愛された理由

昭和天皇は戦前、戦後の日本にとって一番厳しい時代に、国民と苦楽を共になさいました。

戦後、昭和天皇の長女である成子様が嫁いだ東久邇宮家は皇籍離脱して、生活はかなり困窮したそうです。

それでも昭和天皇は多くの国民が我慢している中、自分の家族だけを特別扱いはできないと、援助はなさいませんでした。

成子様は自ら内職したり、生活をやりくりするために御苦労なさったそうです。

当然、その話はA殿下も御存じでしょう。

お兄様に「身の丈に合ったこと」をお勧めする前に、娘さんに言って聞かせて欲しかったです。

 

戦後、昭和天皇と皇后様は、伊勢神宮に参拝されるのですが、写真からもハッキリわかるほど、昭和天皇のモーニングは古くくたびれています。

f:id:shinreikobe:20220111033332j:plain

 

多くの国民が皇室に尊崇の念を持ち続けているのは「国民と苦楽を共にする」という昭和天皇のお心を感じとっていたからでしょう。

 

M子さんの「多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会となることを心から願っております。」という捨て台詞。

国民への注文、いや苦言のつもりだったのか、この言葉には、ひとかけらも国民への思いやりや感謝(いまだに税金を使っている以上、感謝は当たり前)はありませんでした。

M子さんとKK・・・結婚会見の時のテーブルにお花さえなかったこと、拍手すらなく冷たい雰囲気だったこと。

f:id:shinreikobe:20211110104531j:plain

【紙を読み上げる二人】

 

どのように感じていらっしゃるのでしょう。

この謝罪会見のような設えは、宮内庁の職員からのメッセージのようにさえ感じてしまいます。

 

今までこれほど、批判され疎まれた皇族はいませんでした。

M子さんの御婆様や叔母様への一時的なバッシングはあったかもしれませんが、擁護派も一定数いましたよね。

 


秋篠宮家の人材不足

そんな中で秋篠宮様は、「いきすぎた報道への規制」について御自身で言及してしまわれました。

多額の税金が一般人になった長女のために投入されていることは、もはや多くの国民が知っている事実です。

なぜ、国民に感謝の言葉一つかけられなかったのでしょう。

他の皇族に迷惑をかけてしまったことには言及されていましたが。

そんなことは直接おっしゃればいいのでは?

 

ヤ〇コメや一部のSNSには、A家に対して本当に悪質なデマを流している所がいくつもあります。

御家族を守るために、苦言を呈したいお気持ちは当然かもしれません。

 

でも、なぜこのタイミングで?

なぜ御自身でおっしゃたのでしょう?

これこそ、宮内庁の長官に言わせれば良かったのでは?

今やA家は集中砲火を浴びすぎて火だるま状態です。

まずは鎮火を先にするべきだったのでは?

 

私は平成時代、地味な公務にも誠実に取り組んでこられたA宮御夫妻のお姿を覚えています。

その当時はM子さんも、清子様のような思慮深くて品の良い姫君に見えました。

 

それが、なぜここまで国民との間に溝ができてしまったのでしょう。

度重なる失策と失言・・・中でもM子さんに自由に発言する機会を与えてしまったのは、大失敗でした。

M子さんの結婚会見さえなければ、ここまで国民の心がA家から離れることはなかったはずです。

あれで多くの皇室ファン、中でもA家に好意的だった人達が離れていきました。


竹田恒泰氏は宮内庁に広報のプロがいないことが問題だとおっしゃっています。

確かにA家にプロの広報がついていれば、もっとマシだったかもしれません。

あの悪夢のような結婚会見は、なんとしても阻止するべきでした。

ネットニュースには「結婚会見前にM子さんが、ご両親に罵声を浴びせた」とありました。

もしも、そのニュースが本当だったとしたら、ご両親はM子さんを止めようとなさったのかもしれません。

 

今、思い出したのですが、長女より次女の方がアレでしたよね。

皇室で育ったのに「お察しください」ができないタイプ。

「せめて黙っていればいいのに」と誰もが思うようなコメントを、よくお出しになっています。

コメント出す前に、止める人がいないのは問題です。

やっぱり竹田恒泰氏のいう通り、広報は絶対に必要です。

言うことなんて聞かないかもしれませんが。


私達と皇室

今まで多くの国民は皇室を無条件に敬愛していました。

これは、代々の天皇陛下、とりわけ一番厳しい時代を国民と共に生き抜いた昭和天皇とそのご家族の生き様が、国民の心や生活に寄り添うものだったからです。

大東亜戦争終戦交渉においては、「国体護持」つまり天皇陛下の御身分の保証が、一番の条件となりました。

つまり「国体護持」が保証されるまで、終戦交渉は長引いたということです。

その間にも空襲は続き、原爆が落とされました。

 

あの時代の日本人は、文字通り命がけで天皇陛下と皇室をお守りしたのです。

それが、ここに来て突然のM子さんとKKの大惨事です。

皇室は一皇族のものではありません。

皇室は私達の国、日本そのものでもあります。

KKの妻になった女性に、今までの歴史や伝統に泥を塗るような真似をいつまでも許しておいていいはずはありません。

 

 

shinreikobe.hatenablog.com

 

shinreikobe.hatenablog.com

 

shinreikobe.hatenablog.com